【遭難対策のための勉強会】

そうや自然学校で行われた遭難対策の勉強会に参加してきました。
観光協会をはじめ、役場、警察、消防の関係者らが参加し、
東川町のアウトドアガイドの鳥羽さんの指導の下、
雪崩トランシーバーやプローブの使い方を勉強しました。

近年、敏音知岳をはじめとして、中頓別町のいくつかの山にバックカントリーで
入山する人がいるという情報を受けて行われました。
登る人は自己責任でも、雪崩に巻き込まれた場合、
状態にもよりますが、
巻き込まれてから20分が生存の分かれ目といわれており、
急な対応が必要ということでした。

役に立つことがないことを祈りたいですね。
(篠田)

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    令和元年度 上士幌地域おこし協力隊募集要項 ※観光施設や電力小売事業の運営、旅行商品の造成など

    大雪山国立公園の豊かな自然と 人口5000人+牛4万頭の町で新しいビジネスを。 広さ“70…
  2. 2019-12-11

    令和元年度 上士幌正職員募集要項 ※新たにオープンする道の駅やカフェレストランでの販売サービス

    十勝の新名所「ナイタイテラス」に加えて 来年5月 新たな道の駅がオープン! 【オープニングス…
  3. 2019-12-11

    令和元年度 秩父別町地域おこし協力隊募集要項(保育士)

    札幌・旭川からのアクセス良好︕ ⼦育て⽀援の町/ 観光地もたくさんあります 最近、注目を集…
ページ上部へ戻る