田舎暮らしハッピーライフシリーズNo.025

田舎暮らしハッピーライフシリーズNo.025
こんにちは👋😃
研磨センター勤務の長谷川です。

薄い板は光を通します。
明るいところにかざすと
節の部分が明るくなり
まるで目玉に見え
竜の顔のようなものが浮んでいます。

20代に東京のデザイン事務所に
少々勤めていたので、
私の視点は、ちょっと変わっているかもしれませんw

学習机のカラクリとして
間接照明の模様に商品化できたら
面白そうですね🎵
お子さんも竜が出たら
勉強やる気でるかもしれませんね(*^^*)♪

さてこの板は、肌が悪いということで
板表面に凸凹があるのが
肌が悪いという表現をされています。

何が原因か?帯鋸のからだなのか
研磨なのか?製材機の定規のフリ幅なのか?
特定するのが難しいですが
先生の経験上のスキルによると
定規の位置が開いているからという
見立てでした。

先生の55年のスキルは、凄すぎます✨
私はどこまで吸収できるかは、正念場です。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  2. 2021-4-6

    中頓別町の現役協力隊との座談会開催します!!

    4月27日(火)18:30~ 現役協力隊との座談会を開催します! 中頓別町にて活躍中の現役協力…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る