田舎暮らしハッピーライフシリーズ✨NO.13

田舎暮らしハッピーライフシリーズ✨NO.13

今日は久しぶりに錦仙峡の洛陽の滝を見に行きました。
先日の大雨では近づけないほどの水量でしたが、徐々に落ち着き普段より少し多い位の水量まで戻った様子です。

今日は、近くで名前に時間が関係するお花が咲いていたので取り上げてみます。

・昼顔(ヒルガオ) アサガオ同様、朝から咲きますが、昼になってもしぼまないことから名前が付いたそうです。

・メマツヨイグサ 夕方に咲き月を見て朝にはしぼむ儚いことからマツヨイグサ類は総じて「宵待草」や「月見草」と呼ばれています。

どこにでも生えていて、珍しくもないので、雑草扱いされてしまいがちですが、色々と知ってみると、その瞬間しか咲かない少しロマンチックな花に見えてきますよね。

今週はエゾベニヒツジグサを見に浮島湿原まで行ってきます。ヒツジグサも名前の通り未刻に咲くから名付けられたとされています(午後2時頃)

※結構一日中咲いてます。
※どれも諸説あるので、興味のある方は調べてみてください。吉田。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    <募集>10/25(月)に佐呂間町オンライン交流会を開催いたします!

    佐呂間町を好きになること間違いなし!! 少しでも佐呂間町を体験していただけるようにオンライ…
  2. 2021-8-7

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※観光支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
  3. 2021-8-7

    【中止】人気アウトドアガイド・荒井一洋と行く!佐呂間町体験プログラムのご案内

    「佐呂間町地域おこし協力隊お試し体験プログラム」の参加者募集!! 北海道最大の湖『サロマ湖』を…
ページ上部へ戻る