【太陽の柱】

本日早朝、お仕事で知駒峠へ。

峠頂上付近から東を望むと、サンピラー(太陽柱)がうっすらと伸びていました。
ほんの束の間の光景でしたが、ツンと冷えて澄んだ空気と相まって心洗われる時間でした。

中頓別でサンピラーが出現する条件として、河川からの水蒸気が空気中で凍って結晶になるということが大事な要素の一つだとも言われています。

この写真で見るサンピラーの下には砂金が採れるぺーチャン川が恐らく流れています。

噂ではサンピラー真下の場所では大きな金塊が採れるとか採れないとか・・・。

(北川)

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    令和元年度 上士幌地域おこし協力隊募集要項 ※観光施設や電力小売事業の運営、旅行商品の造成など

    大雪山国立公園の豊かな自然と 人口5000人+牛4万頭の町で新しいビジネスを。 広さ“70…
  2. 2019-12-11

    令和元年度 上士幌正職員募集要項 ※新たにオープンする道の駅やカフェレストランでの販売サービス

    十勝の新名所「ナイタイテラス」に加えて 来年5月 新たな道の駅がオープン! 【オープニングス…
  3. 2019-12-11

    令和元年度 秩父別町地域おこし協力隊募集要項(保育士)

    札幌・旭川からのアクセス良好︕ ⼦育て⽀援の町/ 観光地もたくさんあります 最近、注目を集…
ページ上部へ戻る