【協力隊でイグルー作り試作】

そうや自然学校のグラウンドにて、地域おこし協力隊で屋根なしイグルー作りを行いました!
イグルーとは、カナダ北部イヌイットの人たちが、雪氷で作るシェルターのこと。

せっかく雪深い中頓別に来たからには、さむーい冬も思いきり楽しんじゃおうということで、私たちの代の地域おこし協力隊では初挑戦。
足がずぼずぼと深く雪にはまるなか、ジャンプしたりぐるぐる同じところを回ったりして、雪を踏み固めるのは
寒さも吹き飛び汗まで滲んでくる重労働。
ですが、締まってきた雪をスノーソーで切りだして、ブロックを積み上げていくのは、なんとも言えぬ心地よさでした。

できあがった屋根なしイグルーは、初めての試みにしてはなかなかの出来栄え。
改善点もいろいろと見つかったので、また挑戦してみたいと思います!

(加藤)

ピックアップ記事

  1. 2019-5-22

    【よそ者大興奮☀︎】

    【よそ者大興奮☀︎】 夕日。 札幌から移住してきた夫婦と 3人で叫びながら写真撮…
  2. 2019-5-21

    【5月 月に一度は森づくり!締め切りせまる!!】

    【5月 月に一度は森づくり!締め切りせまる!!】 今月は、「ウッドデッキ&木道 大改修!!」…
  3. 2019-5-21

    あるお店にお邪魔した際に、むかしむかしのナショナル自転車のロゴが入ったマッチをいただきました。

    あるお店にお邪魔した際に、むかしむかしのナショナル自転車のロゴが入ったマッチをいただきました。その箱…
ページ上部へ戻る