【協力隊でイグルー作り試作】

そうや自然学校のグラウンドにて、地域おこし協力隊で屋根なしイグルー作りを行いました!
イグルーとは、カナダ北部イヌイットの人たちが、雪氷で作るシェルターのこと。

せっかく雪深い中頓別に来たからには、さむーい冬も思いきり楽しんじゃおうということで、私たちの代の地域おこし協力隊では初挑戦。
足がずぼずぼと深く雪にはまるなか、ジャンプしたりぐるぐる同じところを回ったりして、雪を踏み固めるのは
寒さも吹き飛び汗まで滲んでくる重労働。
ですが、締まってきた雪をスノーソーで切りだして、ブロックを積み上げていくのは、なんとも言えぬ心地よさでした。

できあがった屋根なしイグルーは、初めての試みにしてはなかなかの出来栄え。
改善点もいろいろと見つかったので、また挑戦してみたいと思います!

(加藤)

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    <募集>10/25(月)に佐呂間町オンライン交流会を開催いたします!

    佐呂間町を好きになること間違いなし!! 少しでも佐呂間町を体験していただけるようにオンライ…
  2. 2021-8-7

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※観光支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
  3. 2021-8-7

    【中止】人気アウトドアガイド・荒井一洋と行く!佐呂間町体験プログラムのご案内

    「佐呂間町地域おこし協力隊お試し体験プログラム」の参加者募集!! 北海道最大の湖『サロマ湖』を…
ページ上部へ戻る