【北方民族博物館の特別展】

現在開催中の特別展は「ユーラシア北方のウマ牧畜民」。
牧畜文化が続く「カザフ・モンゴル・サハ」地域の
ウマと牧畜民との関係を中心とした展示です。

乗馬の道具?器具?って色々あるだろうというのは
乗馬経験がなくても何となく知られていることかもしれませんが、
これらが何千年も前に考えられ、作られたのかと思うと、
改めて人間ってすごいなぁという気がします。

そして展示の外のスペースから見ても存在感抜群なのが、本物のゲル(見えちゃっている)!
中1の地理の授業で出てくる、モンゴルの遊牧民が利用する移動式住居である、かの有名なゲルに入ることができるのです!
ただの大きなテントじゃないの?と思って中に入ると、
きれいな内装&家具があり、
「テント」ではなく「移動式住居」だということに納得。
日本で暮らしていてゲルに入る機会はこの先もないと思います!

こちらの特別展は、10月15日(日)まで!
本日10月1日(日)より開館時間が9:30〜16:30で、明日2日(月)と10日(火)は休館とのことですのでご注意ください。
特別展だけのチケットと特別展と常設展を合わせたチケットの2種類が用意されています。

ピックアップ記事

  1. 2019-11-20

    (11/24開催)中頓別町移住フェアのお知らせ

    中頓別町移住フェアのお知らせ 北海道北部に位置する中頓別町は、多くの自然に囲まれた小さな町です…
  2. 2019-11-6

    令和元年度 留寿都村地域おこし協力隊募集要項(教育関連職)

    150万人が訪れるリゾート地「ルスツ」 実は、子育てにも力を入れています。 北海道の南部に位…
  3. 2019-10-19

    明日、10月20日は網走刑務所にて網走矯正展が開催されます。

    明日、10月20日は網走刑務所にて網走矯正展が開催されます。 全国各地の刑務所作業製品や網走刑務所の…
ページ上部へ戻る