【きた北海道広域観光周遊ルート パート3】

【きた北海道広域観光周遊ルート パート3】
 2月から行われてきたワークショップもいよいよ最終日を迎えました!内容はこれまで作成してきた観光コース設定の振り返り、着地型旅行商品のオリジナル観光プランの作成です!

・着地型旅行とは・・・
旅行者を受け入れる地域で作られる旅行商品のこと。今回で言えば受け入れる留萌管内側が企画する旅行プランです。受け入れ側が企画することでより地域に密着した観光プランをたてることが出来ます。

最後は各グループで「旅行商品企画」を提案して終了しました!

3日間で学んできたことを活かし、多くの観光客を迎え入れられるような小平町らしい魅力的なプランづくりを考えていきたいと思います(^^)

(あそう大臣☆)

#きた北海道  #広域観光周遊ルート #商品企画提案書 #旅行プラン #ワークショップ #着地型旅行

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    令和元年度 上士幌地域おこし協力隊募集要項 ※観光施設や電力小売事業の運営、旅行商品の造成など

    大雪山国立公園の豊かな自然と 人口5000人+牛4万頭の町で新しいビジネスを。 広さ“70…
  2. 2019-12-11

    令和元年度 上士幌正職員募集要項 ※新たにオープンする道の駅やカフェレストランでの販売サービス

    十勝の新名所「ナイタイテラス」に加えて 来年5月 新たな道の駅がオープン! 【オープニングス…
  3. 2019-12-11

    令和元年度 秩父別町地域おこし協力隊募集要項(保育士)

    札幌・旭川からのアクセス良好︕ ⼦育て⽀援の町/ 観光地もたくさんあります 最近、注目を集…
ページ上部へ戻る