【 アライグマを追って、続報 】
猟師 服部 一雄からのお知らせです。

8~10月は収穫の時期です。おいしいトウキビなどはアライグマも大好きで、畑が台無しされることも時折あります。これを防ぐには、来ている事が判ったらすぐに対策する事です。網等での囲いや、ワナでの捕獲が効果的です。今年度は箱ワナの貸出の他、密集地域で自主的な捕獲を試みています。ワナ5個を集中的に仕掛けて捕獲しました。

果たして仕掛けた翌日にはかかり始め、7~8月に計36頭を捕獲しました。7月に25頭、8月に11頭と、着実に数を減らしたと考えられ、実際に捕獲する事で判った事もありました。

○エサは甘い油菓子が小量で良い。以前から知られていましたが、誘導も含めてキャラメルコーンを10粒ぐらい。

○狭い地域に複数の縄張りがある。A地点で毎日かかっていたけれどもばったり途絶え、その代わりB地点が毎日かかり始めるといった具合で、A~B地点は50mほどしか離れていませんでした。

○親子は一緒に行動する。親子が1つの罠に入っているのが2回ほどありました。

○ワナに覆いをした方が捕獲しやすいが、そうでなくても捕獲できることも多い。

原則的にワナのみで全てを取りきることは不可能ですが、被害の軽減が予想されます。

今年の8月までの捕獲数(49頭+自主分36頭)と昨年の捕獲数(118頭)を比べると、かなり減少しています。来年も減少させて、アライグマ対策の効果を上げていきたいと思います。


#nakagawa #morinomachi #natural #中川町 #北海道 #道北 #自然 #共生 #ワナ #動物福祉 #佐久 #生態 #地域おこし協力隊 #アライグマ

ピックアップ記事

  1. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  2. 2021-4-6

    中頓別町の現役協力隊との座談会開催します!!

    4月27日(火)18:30~ 現役協力隊との座談会を開催します! 中頓別町にて活躍中の現役協力…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る