【 木のはなし 〜 オニグルミ② 】

【 木のはなし 〜 オニグルミ② 】

木工作家 斎藤綾子のひとりごと。

先月号から始まった、オニグルミの色にまつわる話題ですが、今回はクルミの生木を扱っていた時に起こったある出来事のお話しです。写真に写っているシャツの左肩部分に色がついているのがお分かりになりますか。白黒写真で分かりにくいかもしれませんが、これは白いシャツに茶色の大きなシミがついている状態です。

少し前のことですが、生木のまだみずみずしいクルミの木を旋盤で挽いていると、遠心力で木中の水分がびゅんびゅんと飛んできました。左肩が湿る感覚がしましたが、水分の多い木を挽いているとよくあることなので、あまり気にしていませんでした。しかし、挽き終えた後、手を洗いに手洗い場へ行き、ふっと鏡を見てぎょっとしました。左肩が茶色くなっている!

天然の植物を染料にして染色を行うことを草木染めと呼びますが、ちょうどその効果でしょうか、洗濯をしても全く落ちませんでした。オニグルミという木は、タンニン成分が多いため、古くから染め物にも使用されてきたそうです。樹木部というよりは、緑葉や実の果皮のほうが濃度が濃く、染液として使用されることが多いようですが、樹木部でもただ樹液がついただけでこの染まりようとは。

オニグルミの木の、『色』に関するイメージが、より濃いものへと変化した、そんな体験でした。来月は、謎深いこの木に内在する成分やそれに由来する生態のお話しをしたいと思います。


#nakagawa #craft #organic #morinomachi #natural #lifestyle #Yaco #中川町 #地域おこし協力隊 #まちづくり #暮らし #オニグルミ #木工作家 #なかがわの森 #なかがわの暮らし #中川町産材 #クルミ

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    <募集>10/25(月)に佐呂間町オンライン交流会を開催いたします!

    佐呂間町を好きになること間違いなし!! 少しでも佐呂間町を体験していただけるようにオンライ…
  2. 2021-8-7

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※観光支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
  3. 2021-8-7

    【中止】人気アウトドアガイド・荒井一洋と行く!佐呂間町体験プログラムのご案内

    「佐呂間町地域おこし協力隊お試し体験プログラム」の参加者募集!! 北海道最大の湖『サロマ湖』を…
ページ上部へ戻る