【 仔ジカをみつけたら 】
猟師 服部 一雄からのお知らせです。

5月の終わりごろから7月にかけて、シカは出産の時期です。
このころ小さな仔ジカを時折見かけることがあると思います。
実はこの仔ジカは生後すぐではなく、2週間ほど経った仔ジカです。

仔ジカは生後すぐ立って歩けるのですが、「生まれたての仔ジカのよう」という表現があるように、プルプルしてうまく歩けないのです。親のように凄いスピードで走れないので、生まれてしばらくは隠れるのが仔ジカの生存戦略です。母親は1日に数回子供の所を訪れて授乳をします。一日中付きっ切りでないのが面白いですね。
時折この隠れているシカを山菜取りの人などが見つけてしまうことがあります。

ヒトは保護したつもりで仔ジカを連れ帰ってしまいますが、親ジカにとっては子供をさらわれたも同然です。
皆さんも山で生まれたての赤ちゃんを見つけても連れ帰ったりせず、そっとその場を離れましょう。
付き合いは相手のことを知ってから、ということなのですが、昔、道南の実家で保護した仔ジカがこれでした。
この時は隠れているだけだと知らず、今でも悔やまれます。。


#nakagawa #morinomachi #natural #中川町 #北海道 #道北 #自然 #共生 #クマ #シカ #エゾクロテン #佐久 #生態 # #仔ジカ #仔ジカ #シカ #地域おこし協力隊 #山菜 #森との共生

ピックアップ記事

  1. 2019-10-15

    令和元年度 秩父別町地域おこし協力隊募集要項(保育士)

    札幌・旭川からのアクセス良好︕ ⼦育て⽀援の町/ 観光地もたくさんあります 最近、…
  2. 2019-9-26

    【11/17~18 開催】木育マイスターフォローアップ研修のお知らせ

    【11/17~18 開催】木育マイスターフォローアップ研修のお知らせ ※お…
  3. 2019-9-4

    【親子炭づくりFES!!】

    【親子炭づくりFES!!】 子ども森づくりキャンプと同時開催で炭フェスやります! 和みの森の間伐材(…
ページ上部へ戻る