【「笹刈り」から新たな未来へ】

【「笹刈り」から新たな未来へ】

6月中旬の中頓別町内某所。
雨あがりの笹やぶの中で、中野隊員がナタを持って何かやっています。
何をしているかといいますと、「笹」を刈っています。

「チシマザサ(千島笹)」・「ネマガリダケ(根曲がり竹)」とも言いますが、中頓別の路肩にも有り余るほど生えています。

この笹を使って、中頓別出身で旭川在住の方が、
細々と作り続けている「あるもの」が…。
道の駅の特産品コーナーでも販売されています。
札幌などで販売すると珍しさを感じたお客さんに好評で、
よく売れるものなんだそうです。

中頓別町地域おこし協力隊も関わって、今後この町の伝統文化として守り続けていく所存です。
なかなか作るのには根気が必要です。

(篠田)

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    令和2年度 紋別地域おこし協力隊募集要項 

    流氷のまち紋別を、観光のまち紋別に。 北海道を代表する冬の風物詩・流氷。実は北海道のなかでも、オホ…
  2. 2020-12-2

    令和2年度 置戸町地域おこし協力隊募集要項 ※隊員9名募集中!!

    20年ぶりに新しい町長が誕生し、革新中! 一緒に町に変化を起こしてくれませんか? 北海道の東部、…
  3. 2020-11-19

    令和2年度 黒松内町地域おこし協力隊募集要項 ※(一社)黒松内町観光協会

    自然散策や渓流釣り、SNSでの情報発信… あなたの「好き」や「得意」を活かして活躍できます! 天…
ページ上部へ戻る