【「笹刈り」から新たな未来へ】

【「笹刈り」から新たな未来へ】

6月中旬の中頓別町内某所。
雨あがりの笹やぶの中で、中野隊員がナタを持って何かやっています。
何をしているかといいますと、「笹」を刈っています。

「チシマザサ(千島笹)」・「ネマガリダケ(根曲がり竹)」とも言いますが、中頓別の路肩にも有り余るほど生えています。

この笹を使って、中頓別出身で旭川在住の方が、
細々と作り続けている「あるもの」が…。
道の駅の特産品コーナーでも販売されています。
札幌などで販売すると珍しさを感じたお客さんに好評で、
よく売れるものなんだそうです。

中頓別町地域おこし協力隊も関わって、今後この町の伝統文化として守り続けていく所存です。
なかなか作るのには根気が必要です。

(篠田)

ピックアップ記事

  1. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  2. 2021-4-6

    中頓別町の現役協力隊との座談会開催します!!

    4月27日(火)18:30~ 現役協力隊との座談会を開催します! 中頓別町にて活躍中の現役協力…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る