【 もうひとり!新しい地域おこし協力隊のご紹介! 】

【 もうひとり!新しい地域おこし協力隊のご紹介! 】

5月1日から、なかがわの森から生まれる森林資源を活用し「かごを編む人」として独立を目指す 小林 紗織さんのご紹介です。
今後イベント・催事などでかごの販売でお見かけすることが多くなると思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名前・・・小林 紗織(こばやし さおり)
年齢・・・32歳
出身地・・京都府京都市
特技・・・早寝早起き、どこでも寝られること、笑顔
趣味・・・歩くこと、おしゃべり、今はお家のDIY

Q.
中川町の印象は?

A.
初めて訪れた11月はすでに雪景色、2回目のキコリ祭りももちろん雪、今回3回目にして初めて雪のない中川町をみることができました!まだまだ寒いですが、川の流れや風の音、植物の成長、鳥たちの声から春の訪れを感じられるとても美しい場所だと思います。

Q.
3年後の目標は?

A.
将来、樹皮・つるを使って“かごを編む人”を目指しています。
森や植物、それらの採取などの知識経験はもちろん、かご編みも始めたばかりですのであっという間の3年だと思います。知識の習得やかごを編む経験を沢山積んで、独立の土台をつくりたいと思っています。

Q.
最後にひとこと!

A.
中川町での暮らしは、とにかくはじめてのことだらけです。
引っ越しをした際も水道に水を抜く栓があることや灯油のタンクの大きさに驚きました!

それ以外にも車生活、雪国暮らし、ものづくりをする生活など、今までとガラッと変わると思います。もちろん新生活でドキドキ緊張することもありますが、それ以上に挑戦させてもらえることを嬉しく思います。ご挨拶の際にも山菜採りや山登り、自転車、運動サークルなど楽しそうなお話が聞こえてきました。参加の際は温かく迎えていただけると嬉しいです (*^-^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


#hokkaido #nakagawa #morinomachi #山村 #北海道 #中川町 #地域おこし協力隊 #ライフスタイル #デザイン #暮らし #移住 #京都府
#かごあみ

ピックアップ記事

  1. 2021-5-13

    令和3年度 岩内町地域おこし協力隊募集要項 

    「野生ホップ発見の地」北海道岩内町で地域おこし協力隊員を募集!農業指導を受けながら就農に向けて学んで…
  2. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項 ※終了しました

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る