【 木のはなし 〜 センノキ① 】

【 木のはなし 〜 センノキ① 】

木工作家 斎藤綾子のひとりごと。

「祖父母が暮らした家を解体することになり、思い入れのあるこの家の柱で、何か記念になるものを作って欲しい。」そんな依頼を受け、煤に包まれた趣のある古材を預かりました。ノコを入れて切り進むと、覚えのある香りがしてきました。「この香りはもしや…」材を切り終え、切り目を開くと、白く艶めく華やかな木目が表出しました。「この香りにこの木目は…センノキだ!」建材=針葉樹というイメージが強かったため、意外な出会いに心が沸き立ちました。

早速、建築材に詳しい周辺の知り合いに聞き取りしたところ、「屋内の人目に付く柱などに木目の美しい材を使用したりすることはあるが、一般的には針葉樹が多く、柱や梁に、無垢の広葉樹を使用するのは、いわば贅沢使い。柱にセンノキを使っている事例はまれに聞く程度」との事。この木は、ウコギ科ハリギリ属の木で、センノキと言うのは、実は別名で、正式な樹木名はハリギリ(針桐)と言います。漢字の通り、刺のある桐という意味から付けられたらしく、若木の幹部や新枝に鋭い刺があり、葉や材が桐と似ているからそう名付けられたと言われています。木目が美しく、漆生えもするので、木地材としても多用されています。豪快さと艶めきを併せ持つこの華やかな木目は、つい見入ってしまうものの一つです。柱にセンノキを採用したこの持ち主の気持ちがよくわかります。

因みに、天塩中川駅の交流プラザにある、あの大きなテーブルは、センノキで出来ています。ぜひとも、愛でに行かれてはいかがでしょうか?来月のotocafeで、1人個展をやりますので是非お越しくださいませ。詳細は追ってお知らせいたします。


#nakagawa #craft #organic #morinomachi #natural #lifestyle #Yaco #中川町 #地域おこし協力隊 #まちづくり #暮らし #オニグルミ #木工作家 #なかがわの森 #なかがわの暮らし #中川町産材 #天塩中川駅 #センノキ #交流プラザ

ピックアップ記事

  1. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  2. 2021-4-6

    中頓別町の現役協力隊との座談会開催します!!

    4月27日(火)18:30~ 現役協力隊との座談会を開催します! 中頓別町にて活躍中の現役協力…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る