【 似ているけど違います 】

【 似ているけど違います 】

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

猟師 服部 一雄からのお知らせです。

アライグマを引き取ると、時折タヌキが持ち込まれます。私も今でこそ顔を見ただけで判りますが、最初は見間違えたくらい似ています。英語でもアライグマはracoon(ラクーン)タヌキはracoon dog(ラクーンドッグ)で、似た名前を付けられています。全体に生態も似ており、水辺を好み、雑食性でザリガニ、魚、動物、果物などなんでも食べます。

しかし、タヌキは極東地域、アライグマは北米の原産で、住む地域は全く違います。分類上もタヌキはイヌ科、アライグマはアライグマ科で熊と猫ぐらいの差があります。そして活動時間や好みの環境に違いがあり、ある程度は住み分けて、地域的には重なって暮らしているようです。

両者の確実な見分け方はしっぽと足で、アライグマにはしましまと、指があります。どちらも悪さをすることがありますが、タヌキの方がおとなしくて愛嬌がある気がします。どちらでも困ったことがあれば服部までご相談ください。


#nakagawa #morinomachi #natural #地域おこし協力隊 #中川町 #北海道 #道北 #自然 #共生 #racoondog #タヌキ #アライグマ

ピックアップ記事

  1. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  2. 2021-4-6

    中頓別町の現役協力隊との座談会開催します!!

    4月27日(火)18:30~ 現役協力隊との座談会を開催します! 中頓別町にて活躍中の現役協力…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る