【 今年もクマに注意 】

【 今年もクマに注意 】
猟師 服部 一雄からのお知らせです。

今年も冬が到来です。クマも食いだめを開始しており、この時期おいしい食物を探しています。キノコはあまり食べませんが、8月のクルミから11月のドングリまで大量に食べます。基本的に、えさに執着する習性があるクマは、フンを見ると、その時々で何を食べているか、が結構判ります。クマは食物の消化が上手くないので、未消化な食べ物がそのまま出てくるのです。

例えばコクワばかり食べているクマはコクワのジャムにそっくりなフンをしますし、ドングリやクルミのペースト状のフンもよく見かけます(殻が大量に混じっているので丸ごと食べているらしい)。トウキビも大好物ですが、今年はトウキビ畑へ降りてくる事はあまり無かったようです。どうしてもキノコ採りなどはクマのエリアに入りますから、対策はしっかりしてください。一番の対策は出会わない事です。鈴やラジオなどで音を出しましょう。声や手拍子でも良いですが、大切な事はクマに自分の存在を知らせることで、特に雨の日や川のそば、藪に入る時などは意識して下さい。9割方はこれでクマが避けてくれます。

出会った時は極力パニックにならない事。落ち着いてゆっくり離れればクマも離れる可能性が高いです。背を向けて走って逃げるなどは厳禁です。難しいですが普段からクマに会ったらどうするか、を考えることが大切でしょう。 もっと知りたい方は服部まで気軽にお声がけください。


#nakagawa #morinomachi #natural #中川町 #北海道 #道北 #自然 #共生 #クマ #シカ #動物福祉 #佐久 #生態 #地域おこし協力隊 #オスジカ #森との共生

ピックアップ記事

  1. 2021-4-6

    令和3年度 中頓別町地域おこし協力隊募集要項

    現役隊員6名、任期終了の定住先輩5名が活躍 あなたのアイディアを活かしてまちおこし! 北海道の最…
  2. 2021-4-6

    中頓別町の現役協力隊との座談会開催します!!

    4月27日(火)18:30~ 現役協力隊との座談会を開催します! 中頓別町にて活躍中の現役協力…
  3. 2021-3-4

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※JR留萌本線対策支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
ページ上部へ戻る