【 シカ肉はどこが美味い?④ 】

猟師 服部 一雄からのお知らせです。

桜の季節も終わり、タケノコ取りが本格化する季節です。
今年は若グマや親子グマの目撃があります。子グマや若グマは人間との付き合い方が未熟なので危険が増します。特に子グマは近くに母グマがいるはずで、子を守るため攻撃的になっています。子熊を見たらその場を離れるのが賢明です。

さて、シカ肉の話ですが、次はスネの話をしたいと思います。これは前脚、後ろ脚共通の部位で、同じように調理できます。ヒトで言ってもひざ、ひじから下の部分に当たり、ヒトでもそうですが、筋肉は少なめで、スジや腱が多い部位です。

一見おいしくなさそうな部位ですが、良く煮込んで料理すると大変おいしく食べられます。ストーブの上などでとろ火で一晩ほど煮るか、圧力鍋で調理すると、アキレス腱も含め柔らかく、コラーゲンもたっぷりのお肉になります。シチューやカレーなどに向いており、私もお祭りでシチューをお出しする時はこの部位を主に使います。みそ煮にしても良いですし、牛スジならぬシカスジとしておでんに入れることも出来そうです。

スネより下の部位になるとほとんど食べるところもなく、大抵捨てられてしまいますが、ヒヅメなどは犬のおやつになるそうです。余すところなく使いたいですから、商品化を待っている状態です。

シカ肉の話も残る部位は肩とネック、内臓となります。次回最終回になりますので、もう少しお付き合いください。

#nakagawa #morinomachi #natural #地域おこし協力隊 #中川町 #北海道 #道北 #自然 #共生 #シカ

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    <募集>10/25(月)に佐呂間町オンライン交流会を開催いたします!

    佐呂間町を好きになること間違いなし!! 少しでも佐呂間町を体験していただけるようにオンライ…
  2. 2021-8-7

    令和3年度 沼田町地域おこし協力隊募集要項 ※観光支援員

    政府注⽬の地域活性化プロジェクト推進中︕ 町づくりを通して町⺠を元気にする担い⼿。 沼田町は…
  3. 2021-8-7

    【中止】人気アウトドアガイド・荒井一洋と行く!佐呂間町体験プログラムのご案内

    「佐呂間町地域おこし協力隊お試し体験プログラム」の参加者募集!! 北海道最大の湖『サロマ湖』を…
ページ上部へ戻る