令和3年度 岩内町地域おこし協力隊募集要項 

「野生ホップ発見の地」北海道岩内町で地域おこし協力隊員を募集!農業指導を受けながら就農に向けて学んでみませんか?6次産業化に向けたビジネスチャンスもあります!

岩内町は札幌市まで車で約1時間40分の距離に位置し、北は日本海、南はニセコ連峰に囲まれた自然豊かな港町です。古くからニシン漁で栄え、優れた水産加工技術と商工業で発展してきました。歴史ある寺社仏閣が建ち並ぶ街並みは、日本の古き良き文化を継承し伝統行事や有形文化財などが脈々と受け継がれております。秀峰岩内岳の麓、円山エリアには大規模なリゾート計画が推進され、国内、海外のお客様が訪れております。そのような魅力がある岩内町にて、「地域農業支援員」を募集しております。新たな地域農業ブランドの確立を目標に掲げ、関連企業や専門機関など支援者の皆さんとの関係性を築き、商品ブランディング・販路開拓までを視野に入れて幅広く活躍してもらいたいと考えています。ご応募お待ちしております!

【仕事内容】
主に地域の農業者からの技術指導等を受けながら、実際に農作業試験栽培のノウハウを学び、農作業に従事していただきます。
①栽培品種及び栽培手法の調査研究
②試験栽培用に借り受けた農地の管理
③6次産業化など生産物の利活用に向けて関連企業、専門機関等の支援者との関係性の構築

【募集人数】
1名

【応募資格】
(1)現在、3大都市圏をはじめとする都市地域(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)又は、政令指定都市に居住し、、委嘱後、岩内町内に生活拠点を移し、住民票を異動できる方
(2)地域住民とともに、地域活動に取り組む意欲と実行力があり、委嘱期間終了後に岩内町に定住する意欲のある方
(3)普通自動車免許証を保有している方
(4)SNS等で情報発信ができる方

また、募集にあたりまして、以下に該当する方を優遇いたします。

※求める人物像

①農業の担い手を目指す熱意・探究心のある方
②地元関係者及び地域住民の方々と友好な関係性を保つためのコミュニケーション能力・協調性のある方
③地域の魅力を最大限に発信するためのチャレンジ精神と行動力のある方

【勤務地】
北海道岩内町内
・試験栽培用農地(岩内郡岩内町字野束)
・地元農家さんの畑等

【勤務条件】
・勤務時間
週5日間勤務、1週間当たり勤務時間37時間30分を基本
※勤務時間等については、季節(特に農繁期)や業務内容等によって変動する場合あり
・給与
月給 18万円
※町内のアパートもしくは借り上げ住宅を用意します。(家賃上限6万円)
※赴任に伴い、引越代・旅費を支給します(上限5万円)
・雇用形態
岩内町パートタイム会計年度任用職員 契約期間1年(更新あり/最長3年間)
・待遇・福利厚生
<待遇・手当について>
■社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■研修制度(協力隊向け集合研修、フォローアップ)
■活動費として研修、旅費交通費、消耗品費など別途計上
■赴任手当(引越代、旅費など上限5万円)
■社宅あり(町内のアパート等、借り上げ住宅を用意します)
・休日・休暇
■週休2日制
※業務の都合により休日出勤した場合は、半日単位での振替あり
■祝日
■年末年始休暇
■有給休暇(採用6ヶ月後から)

【応募方法】
応募書類送付先へ履歴書(写貼)・職務経歴書をご郵送ください。

【選考方法】
・第1次選考:書類選考
書類での選考に加え、Web上での適正テストも受験いただき、併せて審査いたします。

・第2次選考:面接
第1次選考合格者を対象に、岩内町又はオンライン面接(Zoom)にて実施します。
(面接のために必要な交通費等は自己負担となります。)

・内定:文書にて通知いたします。

【応募書類送付先】
〒060-0004 札幌市中央区北四条西6丁目1-3 北四条ビル8階
合同会社北海道観光まちづくりセンター
岩内町地域おこし協力隊採用事務局 担当 昇<のぼり>

※必ずE-mailアドレスを明記ください(携帯アドレス不可)
※郵送の際は必ず、封筒に「岩内町 地域おこし協力隊 応募」と明記ください

お問合せ

ピックアップ記事

  1. 2021-5-19

    令和3年度 稚内市地域おこし協力隊募集要項

    町の魅力発信やPR・野外活動を中心とした子育て支援など 日本最北のまち「稚内市」で新しい生活を始め…
  2. 2021-5-19

    令和3年度 興部町地域おこし協力隊募集要項

    文科省より推進される"ICT教育"のサポートを行い 「興部町」の地域活性化を推進するポジション! …
  3. 2021-5-13

    令和3年度 岩内町地域おこし協力隊募集要項 

    「野生ホップ発見の地」北海道岩内町で地域おこし協力隊員を募集!農業指導を受けながら就農に向けて学んで…
ページ上部へ戻る