事業紹介

北海道観光まちづくりセンター 事業・活動内容
北海道観光まちづくりセンターのミッション

私達は北海道の農山漁村で交流を生む人材を育て、その人材の自立支援をとおして、北海道の農山漁村の地域活性化に貢献します。

(1)農山漁村コーディネーター養成プロジェクト(メインプロジェクト)
北海道の農山漁村で役に立つ人材になることを目標とした「農山漁村コーディネーター育成プログラム」の運営。このプログラムでは、農山漁村の様々な仕事や交流活動の体験をとおして、地域の暮らし・産業・自然などの資源を把握する、新たな事業を企画する、地域住民など多様な関係者との調整をする“都市と農山漁村交流を運営する力”を身につけます。

(2)農山漁村コーディネーター養成学校づくりプロジェクト
研修生向けや、既に農山漁村で活躍している中堅コーディネーターの更なるスキルアップを目標にした研修プログラムを開発、実施・運営します。

(3)地域課題研究プロジェクト(Research & Development)
農山漁村が抱える問題について大学の専門機関と共同で調査研究をし、その結果を地域活性化のためにフィードバックします。地域課題などは農山漁村コーディネーターから提供され、フィールド調査時もコーディネーターが調整役となります。

(4)北海道サマーキャンププロジェクト
夏休みや冬休みなどの長期休みに、北海道各地で子ども農山漁村交流プログラムを実施し、子どもの健全育成と地域活性化を目的とした活動を行います。(NPO法人ねおすとの共同運営/HPリンク)農山漁村コーディネーターが受入地域の窓口となり、企画運営や地域の調整を行ないます。

(5)田舎で手伝い隊・学び隊プロジェクト
様々な農山漁村体験交流プログラムを企画し、地域活性化に貢献しながら、その地域について知る、田舎暮らしの技術を得ることを目的とした活動です。
農山漁村コーディネーターが窓口となり、日帰りから1週間程度の交流プログラムを企画運営します。(田舎のお仕事体験ツアー、ワーキングホリデー、視察ツアー、農村体験ツアーなど)

(6)地域のお仕事情報の提供プロジェクト
地域内でしか得られない求人情報をリアルタイムに情報提供します。農山漁村コーディネーターがタイムリーな求人情報を収集、情報発信を担当します。

(7)地域情報収集プロジェクト
農山漁村コーディネーターが地域の暮らし・文化・産業・歴史などの情報を、日々の暮らしや仕事を通して集め、整理・編集・発信します。地域にとっては「あたりまえ」なものとして埋もれている事柄を丁寧に収集・発信することで、地域の価値を再発見します。

北海道観光まちづくりセンターは、他の地域の事業団体と連携・協力して、人材のスキルアップ・キャリアアップ、よりレベルの高い地域課題の解決に向けて協働していきます。また地域間での人材(会員・研修生)交流も積極的に支援するネットワークを構築します。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-19

    平成29年度 網走市地域おこし協力隊募集要項2

    博物館ガイドからイベント企画まで携わってみませんか! 網走観光のおもてなしの顔・網走監獄ガイド(観…
  2. 2017-9-19

    平成29年度 網走市地域おこし協力隊募集要項

    網走市の中心市街地の活性化にチャレンジしませんか! 毎年150万人の観光客が訪れるオホーツ…
  3. 2017-9-8

    平成29年度 長万部町地域おこし協力隊募集要項

    長万部町で、地域と交流しながら酪農をはじめませんか? 様々な牧場を回って経験をつんだ後に、経営継承…
ページ上部へ戻る